院長よりご挨拶

~待合室のピアノと院長 鍼灸は体を調律する知恵です!~

当鍼灸院のHPをご覧いただき、ありがとうございます。
みこと鍼灸院院長の谷口化育と申します。
ここでは「私がなぜ鍼灸師を目指したか」についてと、
「みこと鍼灸院で何がしたいか」について、
書かせていただきたいと思います。

以下長文となりますので、私の素性をパッとお知りに
なりたい方はササっとスクロールしていただき、
後の略歴をご覧ください!

「私がなぜ鍼灸師を目指したか」
(科学と非科学 固有能力と運)

さかのぼること、私が高校生だった時のこと。
当時は色々なこと(ちょっとアンラッキーなこと・・・)
がたくさん重なり、若いなりに人生これからどうしようと
悩んでいました。

かなり薄味な日々が過ぎ去り、いよいよ進路選択。
自分は何をどう選択すれば良いのだろうと、
重苦しい毎日を過ごしていました。

そんな時、高校の図書室で何気なく手に取った本、
それが鍼灸についての本でした。

当時私は陸上部(長距離)に所属していましたが、
(所属に至るまで、様々あったのですが・・・)
全国級の選手が集まった部の中で、全く練習についていけず。
校外の周回コース練習時には、走り終わって学校に帰ると、
すでに全員下校していて自分一人だけ、なんてことも。

そんな状況でしたが、出場選手へのサポート、
特に予選・決勝の間に行うマッサージについては評判が良く、
部に対して貢献できている実感がありました。

多くの選手をマッサージする中で、
「この選手はここが硬くなる」とか、
「この選手はここが太くここが細い」とか、
色々なことが手の感触を通してわかるようになりました。
そして最終的には、(完全に勘ですが)
「おっ、この選手は今日、ノッテルな」といった、
調子や運がわかるようになっていました。
実際に良いと感じた選手が、目の前でぶっちぎって優勝
したりする快感と興奮がクセになり、部活終盤は
選手の活躍を観戦することが目的で、(嫌な)練習を
頑張っていた感じでした。

高校生時代に得たものとして
「人の体を感覚で把握する」(科学では表しにくい)
「人の体を解剖学・生理学的に把握する」(科学で表せる)
「人の調子や運を感じること」(科学では表せない)
「その人の能力が周囲よりも圧倒的にずば抜けていれば
よほどのことがない限り圧勝できること」(これが現実)

この四つが特に大きかったなと思います。

話しを戻して・・・

何かの課題だったと思うのですが、普段はあまり行かない
高校の図書室で、鍼灸の本が目に入った当時の私。
中学の陸上部で(中学時はそこまで遅くはなかった!)
腰を痛めたときに鍼灸を受けたことがあり、それもあって
本当に何気なく手に取ってパラパラとページをめくって
みたのですが・・・
うろ覚えなのですが、日に焼けた色や古い字体、怪しい
手書き風の鍼灸道具の図解が、何だか妙に突き刺さりまして。

というのも、物心ついたときから色々と不思議な出来事に
(科学的なものも、非科学的なものも)
たくさん縁がある人生なもので、特定の宗教や思想は全く
信仰、保持していない身でありながら、例えば神社や神様、
お寺や僧の方 等や、ほぼ100%死んでたはずが、恐ろしい
ほどの奇跡的な強運で助かったことなど、科学的・非科学的
とにかくたくさんの不思議と奇跡と強運で、今の自分が
ここに存在していまして。

そういう経験から、とかく「非科学的な香りがするもの」には
ワクワクしてしまう性格を持つようになっています。

そんなわけで、そこからは実にシンプル。
鍼灸専門の大学へ進学し、鍼灸にどっぷり浸かり、
鍼灸院と陸上部トレーナーで鍼灸を提供し、
途中、新型コロナと妻の大病でドンガラガッシャン!
何とか元の形に戻ることができ、
この紹介を書かせていただいている今日、
2023年4月15日現在を迎えています。

「みこと鍼灸院で何がしたいのか」

新型コロナウイルスの出現、国家レベルや地球規模での
好ましくない変動変革。
日本国内においても、「生きる」というシンプルで根本的な
部分に息苦しさや不安を感じることが多い昨今。

自分ではどうにもできない部分については、致し方なし。
しかしながら、少しでも今より幸せに元気に、明るく楽しく
毎日を過ごしたいと望むなら、「心と体の健康」が必須です。

もっと収入を増やしたい。人と仲良くしたい。
仕事を充実させたい、趣味を楽しみたい。
何をするにも絶対的に必要なのは「心と体の健康です」

自分の人生で経験してきたことを基礎として、
鍼灸院・鍼灸施術という具体的な形と方法でご提供し、
ご利用いただいた方々の健康と運が、より良くなるように。
19年目を迎えるみこと鍼灸院は、常にそのことを思いながら、
今日も施術に当たらせていただいております。

長々とお付き合い、ありがとうございました。
読んでいただいた方が、健康で明るい毎日をお過ごしに
なられることを心から祈っております!
とにかくご無理のないように!!

みこと鍼灸院 谷口化育

院長 プロフィール

谷口 化育(たにぐち かいく)
家族 妻・長男・次男・アルテミス(日本スピッツ)
趣味 ランニング・バイク・ピアノ

昭和55年 大阪府枚方市にて生まれる
昭和58年 京都府京田辺市に転居
平成11年 京都府立西城陽高校 卒
平成14年 国家資格取得
平成15年 明治鍼灸大学 卒
平成15年 鍼灸接骨院・デイサービスセンターに勤務
平成16年 往診専門で京都みこと鍼灸院を開設
平成18年 京都みこと針灸院 店舗開設
平成24年 新店舗建設・移転
名称をみこと鍼灸院に変更
令和 2年 新型コロナウイルス感染拡大のため
一時施術自粛
各種リスクへ対応するため ダブルワーク化
大型免許・けん引免許等を取得 企業へ就職
開院日時を夜間・休日のみとし 施術を継続
(新規ご利用者様の受付を完全停止)
令和 3年 ダブルワークを終了
全日受付・新規様受付再開

鍼灸学・学士号 取得
2013年〜2019年 同志社大学陸上競技部トレーナー

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP