裏路地にあるバー

接骨院・整骨院・整体院・カイロプラクティック・療術院・鍼灸院
さて、皆さんの中で、これらの違いを詳しく知っておられる方はいらっしゃいますか?
(法律的な意味も含めてです)
私、院長は、皆さんが想像されている鍼灸院とは少し違う形を目指しています。

先に書かせていただいたように「鍼灸院」というもの自体が、詳しく認知されていないため・・・
鍼灸院を軸にお話ししても、一般の方々には伝わらないことがほとんどなのです。
ですので今回は、題名にもあるように「裏路地にあるバー」を例えとして、みこと鍼灸院が
どのような場所を目指しているのかについて、書かせていただきます。

みこと鍼灸院は「ベッド1床・スタッフ1人・完全予約制」です。
そして「施術と経営を院長1人で行っている」「院長自身が組織に属することや、他者に従属する
ことを嫌う性格」であるため「完全なる独立した(閉鎖された)場所」がここに存在します。
当鍼灸院の持つ強固な秘匿性は、これらが合わさった形と言えます。

何台ものベッドがカーテンで仕切られて並べられている。隣の会話が丸聞こえ。
こういったメジャーな構成では、実現が不可能な環境です。
経営者の方々・同業者の方々・社会人の方々が多く、症状の原因が仕事や家庭に起因するものが
大半を占めていることからも、当鍼灸院の持つ秘匿性の高さを表していると考えます。

ご利用者様の健康回復、当鍼灸院をご利用いただいたことで人生が素晴らしいものになっていく。
これ以外に興味はなく、ただ静かにこの場所で、ご利用者様のお話に耳を傾け、しっかりとした施術を
ご提供する。その日々を積み重ねることのみに、全てを集約させています。

院長(施術者) → バーのマスター
施術 → お酒とお料理
鍼灸院 → バーの設備

こう置き換えるとわかっていただきやすいと思います。
裏路地にひっそりと存在するバー。美味しいお酒とお料理をご提供して、お客様のお話に耳を傾ける。
バーに来られた多くのお客様の考えや人生を知っているマスターは、その知識や経験から、
お客様を元気づけ勇気づけられる言葉を、静かで温かい感情に乗せてお届けする。

鍼灸というノンアルコールを1杯、鍼灸師というマスターとの交流と合わせて、いかかでしょうか?

関連記事

  1. できないこと

  2. 15年間、鍼灸院を経営している理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP