木刀とライトセーバー

私は将棋について、動かし方とルールを知ってるくらいです。そんなレベルですが、棋士の方々の考え方や感性には、とても興味を持っています。
先日、豊川孝弘さんがお話しされている記事を読みました。話題は藤井聡太さんについて。豊川さんの考えが展開される中で

「僕は今でも棋譜をコピーしての手並べです。古い将棋指しですね。ほんとオヤジ受難の時代ですよ。こっちは木刀で戦っているようなものですが、AIを使っている若手は、ライトセーバーで戦っているようなものでしょ。AIで研究している人ってなんとなくわかるんです。序盤の精度も高いし、終盤の寄せも早いし。似たような将棋も多いし……。」

とおっしゃっておられました。
私も自分なりに木刀や刀、ライトセーバーやピストル、マシンガンなど、様々な武器を手にとって試行錯誤を続けてきました。結局、使いこなせた&しっくりきたのが竹槍やら木刀(^_^;)私には最新鋭の武器には魅力を感じない、そして何より使いこなせない!

今日も社会という名の大海原では、最新鋭の戦艦からミサイルやら戦闘機やらが飛び交っての大バトル。そんな海を遠くに見ながら、鍬を片手に畑を耕し水を撒き散き。戦いに疲れた方々が立ち寄ってくださった時、畑でとれた野菜を食べてもらってゆっくりしてもらいましょう。

関連記事

  1. 本当に色々な人生がある

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP